畔室長裏日誌

某写真系アトリエギャラリーを主宰しているsaorinです。乳がんを宣告されたのをきっかけに、個人的な日記が書きたくなって立ち上げました。主に乳がんの闘病日記と毎日のごはん簿をUPしていましたが、治療が落ち着いた今は登山・キャンプ・旅など趣味についても書いています。

EPSONさんのブース作品制作監修を行いました&セミナー登壇します

cp+2018epson-01

3月1日(木)~4日(日)は横浜で会いましょう!

CP+2018 EPSONブースページはこちら>>>


3月1日(木)~4日(日)に横浜パシフィコで開催される、カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス)2018」
今年のCP+は、EPSONさんのブースで作品制作&監修を行いました!

cp+2018main

TABI LABOの人気フォトグラファーやフォロワー数多数のペットインスタグラマー、ママインスタグラマーの旅ノートやzine、パラパラブック、日めくりカレンダーなどたくさんの作品が展示されます。
また、そのEPSONさんのブースにて、セミナーにも登壇いたします。
「写真の残しかたセミナー」と銘打っていますが、ぶっちゃけセミナーの内容はこれからですが(笑)、普段私がよく作品制作に利用するプリンター活用術を、具体的にドリル形式でお伝えしようと思っています!
題して「写真の残しかたセミナー・プリンターを使いこなす技術」(ちょっとビジネス本っぽいか?(笑))

saorinセミナーのタイムスケジュールは以下のようになっています。

3月1日(木)14:40~15:20
3月3日(土)15:40~15:40

ほかにも、写真家・清水哲朗さんや写真家・中井精也さんなども登壇されますよ~
ぜひ、EPSONブースに遊びに来てくださいね!

f:id:saorin_fotori:20180222100158j:plain

CP+2018と同じ会期で開催される写真とzineのイベント「PHOTO! FUN! ZINE! WALL in フォトヨコハマ」の会場は、象の鼻テラスです!
私は2日(金)と4日(日)のほぼ終日在廊予定です。先日の「ペシの恋人展」でお披露目した新作zine「ROAD TRIP」を展示します。出展者の見ごたえある写真とzineも並びますよ!こちらもぜひ遊びに来てくださいね。

wall-main

PHOTO! FUN! ZINE! WALL in フォトヨコハマ 詳しくはこちら>>>

epsonproblog

EPSONさんといえば私の作品制作の要、プリンターメーカーさんとしてずっとお仕事でお世話になっているのですが、以前EPSONさんのプロセレクションブログで、インタビューを掲載していただきました!
私がこの仕事をするまでの話が載っています。お時間がある時にぜひ!

エプソンプロセレクションブログ
「フォトグラファーズレポート ~saorinさん~」>>>

cp+2018epson-03

あと、この告知記事を書くのにEPSONさんのサイトをうろうろしていたら、こんなページを発見(笑)
いくつかのお仕事がまとめて掲載されている(笑)

"思い出写真"の個性的なまとめ方>>>

皆さん、3月頭は横浜で会いましょう!
(※ちなみに、CP+はWEBで事前登録すると入場料が無料になります!)

linenew1

名称     CP+(シーピープラス)2018 http://www.cpplus.jp/
会期     2018年3月1日(木)・2日(金)・3日(土)・4日(日)
10:00~18:00(最終日のみ17:00)
※3月1日(木)10:00~12:00はプレスタイム
(特別招待者・プレス関係者・プレスタイム招待券持参者のみ)
会場     パシフィコ横浜(展示ホール、アネックスホール、会議センター)/大さん橋ホール
エプソンブース     プリンティングゾーン P-03

linenew1

 

 

雪の白川郷を旅してきました

f:id:saorin_fotori:20180220183824j:image

ザ・日本昔話の世界

週末、ホトリ写真部の写真合宿で白川郷へ行ってきました。
雪化粧した合掌造りの家並みがとても美しかったです。
雪化粧ところか豪雪だったけど。(明け方、除雪車の音で目が覚めました)

f:id:saorin_fotori:20180221085130j:plain

7年前にも訪れたことがあるのですが、その時は6月だったため、こんな感じ。 

f:id:saorin_fotori:20180220183840j:image

でも今回はこんなん。
地元の人にとってはもう雪はうんざりなんでしょうけど、あまり雪になじみがない私たちは大はしゃぎでした。でも寒かったー!

f:id:saorin_fotori:20180220183921j:image

1日目はこんな感じで雪が降っていましたが、2日目の朝は晴れ☀
白川郷は雪の方が美しいなあ。また行きたいです。

f:id:saorin_fotori:20180220183951j:image

夜はカードゲームで大盛り上がり!
これはUNOに似たneu(ノイ)というゲーム。
何十年ぶりかにトランプの七並べやババ抜きもやりました!
トランプも結構楽しい。
神経衰弱のできなさっぷりに一同へこんでいましたが(笑)
子どもの頃の集中力ってすごかったんだなあ・・・

f:id:saorin_fotori:20180220183903j:image

翌日は白川郷からバスで富山へ移動。
わたくし、富山デビューでした!
富山には世界一美しいと言われているスタバがあります。
前の芝生との景観が美しいらしいのですが、今は雪でよくわかりませんでした(笑)
でも、確かに目の前には運河があって、暖かい季節はテラス席が気持ちよさそう。 

f:id:saorin_fotori:20180220184012j:image

富山美術館。
外にこんなかわいい作品が。 

f:id:saorin_fotori:20180220184027j:image

お昼は富山湾直送の新鮮なネタを使ったお寿司!
まわらないお寿司は久々でしたが、東京に比べてとってもリーズナブル!
いやーおいしかった~

f:id:saorin_fotori:20180220184047j:image

その後訪れたのが、富山ガラス美術館に併設されている富山市立図書館。
ここの建物が近代的でとてもおしゃれ!
こんな図書館が家の近所にあったらいいなあ・・・
富山市民がうらやましいです(笑) 

f:id:saorin_fotori:20180220184103j:image

メインは白川郷でしたが、翌日の富山も負けず劣らず楽しかった!
私は旦那さんの実家が福井のため、北陸は福井と石川は行ったことがあるのですが、富山は今回初。
でも、富山、おもしろい!と今回思いました。また行きたいです。

福井も、帰省ばかりなのであまりおもしろいところ知らないんだよなあ・・・
せっかく行くならもっと色々めぐってみようかな?

 

 

 

なんだかバタバタです・・・/展示「ペシの恋人展」「写真の音色2018」レポート

f:id:saorin_fotori:20180215183112j:image
本当にストレスたまってるのでいつかの夕日の写真を

カメラと写真のビッグイベント、CP+があるこの時期は毎年忙しいのですが、今年は特にバタバタしております・・・。
間に入ってる代理店の段取りが悪すぎて、今、ストレスMAX(笑)。
ああ、山に行きたい(笑)。

今回EPSONさんのブースで作品の監修と、セミナー登壇が決まっているのですが、それについてはまた追ってお知らせしますね。

参加していたグループ展二つのレポートをUPしていますので、よかったらぜひご覧ください!
二つともとってもおもしろい展示だったと思います。
このブログを見ている人も、ブログがきっかけでホトリの展示イベントを見に来てくれたらとってもうれしいです!

 

ペシの恋人展レポート

fotori.net

写真の音色 2018 Sound of Photography by dezowazoレポート

fotori.net

 

 

 

 

 

写真と音楽のグループ展、明日からです!

f:id:saorin_fotori:20180209142239j:image

告知がギリギリになってしまいました…

私も参加する写真のグループ展「写真の音色展」今週末開催です!私は宇多田ヒカルのあの歌でがっつり山の写真を展示しまーす
山行きたい…😢
3月頭の大きな仕事で関わってるところの段取りが悪すぎて胃が痛くなるレベル。山に癒しを求めます…
皆さま遊びに来てくださいね😊
----------------------------------------------
写真の音色 2018 Sound of Photography by dezowazo 2/10(土)~12(月・祝)

----------------------------------------------
もしも音色を、写真に撮れたら。

もしも、音楽を聴いている人の頭の中に入って、 脳みそを駆け抜ける音のイメージを写真に撮ることができたら どんなふうに写るのだろう。

毎朝電車で寝ぼけているあの子は イヤフォンの奥で何を見てるんだろう。

赤ちゃんは、音楽を聴くとき、何を思い浮かべてるんだろう。

どんな音楽にも、それを聴く人の数だけストーリーがある。そのお話を見てみたい。

「写真の音色2018」では、メンバーがひとりひとつの音楽をえらび、そのイメージを写真で表現しました。

----------------------------------------------

写真の音色 2018 Sound of Photography by dezowazo
----------------------------------------------
◆会期:2018年2月10日(土)・11日(日)13〜19時/12日(月)13〜18時
◆場所:写真企画室ホトリ JR総武線/浅草橋駅西口より徒歩4分
東京都台東区浅草橋5-2-10
http://fotori.net/
03-5809-3813(※営業日以外はつながりません)
Facebook https://www.facebook.com/dezowazo

 

 

ミラーレスカメラ(SONY α7II)とオールドレンズの写りについて語る話

f:id:saorin_fotori:20180123160513j:plain

昨年2017年は私的にカメラ周りが激動した1年だった

ずっと、35mmのフィルムカメラContax Ariaで作品を撮っていました。
普通の人は、スマホで撮影するのが普通だと思いますが、やはり写真が好きな人はカメラで撮りたくなるものです。
デジタル全盛のこの時代になぜフィルムカメラで撮るのか、と聞かれたらこう答えます。「デジタルでは出ない質感、アナログ感がよい」
フィルムならではの粒状感、デジタルでは出ない(と思っていた)とろみ、ボケの感じ、柔らかさ。とにかくフィルムはよい。理屈じゃないよさ。

と、最初からフィルムについて好きな理由を語ってしまいましたが・・・
わたくし、昨年ついに主機をフィルムからミラーレス一眼に乗り換えたのでした。
フィルムをやめたわけではないのですが、ミラーレス+オールドレンズの組み合わせが思っていた以上によくて、フィルムみたいな柔らかさが出るので、最近はもっぱらミラーレスで撮っています。

というわけで、今日はそのミラーレス一眼と、オールドレンズの組み合わせ、写りについてまとめておきます。
ちなみにオールドレンズとは、昔作られたカメラのレンズのこと。
今は、デジタル一眼レフやミラーレス一眼でも、マウントと呼ばれる専用のアダプターみたいなものがあれば、古いレンズも付けられるんですね。
しかも現行のレンズに比べて、クラシカルな写りとなるため、割と今人気です。

私が持っているミラーレス一眼は、SONY α7II。
今回作例をご紹介するオールドレンズは、主に使っているのがNOKTON classic Voigtlander(フォクトレンダー) 40mm F1.4。
あとはロシアの有名なぐるぐるボケレンズ、HELIOS-44-2 M42 2/58。
あとおじいちゃんから受け継いだLeicaのSUMMICRON M 50mmです。

f:id:saorin_fotori:20180123160520j:plain

NOKTON classic Voigtlander(フォクトレンダー) 40mm F1.4 SC

最近はもっぱらこのレンズ。もともとフィルムカメラで45mmの単焦点レンズを付けて撮っていたので、大体同じような画角で感覚が同じ。
絞りを開放すると、被写体の周りがふわっとなるあの不完全な感じがとても好き。
ボケ感も私がフィルムでいいなと思っていたとろみ、柔らかさはそのままです。

ちなみにこのレンズ、マルチコートとシングルコートの2種類があるそうで、コーティングの種類が少し違うそう。よりレトロでクラシックな感じはシングルコート、と中古カメラの店員さんに言われてシングルコートを選びましたが、店頭での確認ではあまり違いはわかりませんでした。まあ言っても同じレンズだしね。

f:id:saorin_fotori:20180123160526j:plain

この、周りの草がふわっとボケる感じが好きです。

f:id:saorin_fotori:20180123160533j:plain

仙石原のすすき。この時は朝の光が美しく、すすきについた朝露がキラキラでした。

f:id:saorin_fotori:20180123160540j:plain

f:id:saorin_fotori:20180123160547j:plain

と、最近の写真はほとんどこのレンズ。超気に入ってメイン機となっているんですが、あえて挙げるならAriaに比べて超重い。

f:id:saorin_fotori:20180123160554j:plain

Leica SUMMICRON M 50mm

ひょんなことから譲り受けることになった、Leica(ライカ)のレンズの一つ。
もともとこのライカレンズを使いたくて、ミラーレスに手を出したんでした。
これは標準レンズ(人が自分の目で見ているのと大体同じ感じで撮れるレンズのこと)の50mmです。

f:id:saorin_fotori:20180123160602j:plain

木曽駒ケ岳に持っていって撮ってみました。
このレンズは、今ほぼ100%使っている↑のフォクトレンダーを手に入れる前で、オールドレンズというものに過剰な期待を抱いていた頃(笑)。
いざ撮ってみたら、「あれ?結構シャープだなあ・・・(オールドレンズのフィルムっぽい柔らかさを期待してたんだけどな・・・)」

f:id:saorin_fotori:20180123160609j:plain

よくも悪くも、色んな意味で私が抱いているデジタルのイメージそのまま。
写りはとてもシャープで繊細。とてもいいレンズというのはわかるんですが、やっぱりデジタルっぽさは抜けないんだよなあ・・・

f:id:saorin_fotori:20180123160618j:plain

こういう、全体をぱっきり撮りたいときにはよいと思います。

f:id:saorin_fotori:20180123160625j:plain

お花のアップ。絞りを開放すればもちろんボケもすばらしいんだけどね。

f:id:saorin_fotori:20180123160631j:plain

ちょっとイケメン過ぎたこのレンズ。今はあまり使っておりません(笑)

f:id:saorin_fotori:20180123160638j:plain

HELIOS-44-2 M42 2/58

こちらは、オールドレンズの中では有名なロシアのレンズ、ヘリオス44-2。
オールドレンズの特徴の一つでもある、おもしろいボケが際立って出るのと、5,000円前後と割安なため、オールドレンズの入門として買う人が多いです。私もその一人。

f:id:saorin_fotori:20180123160645j:plain

このヘリオスで有名なのは、絞りを開放した時に出るぐるぐるボケ。

f:id:saorin_fotori:20180123160652j:plain

背景の緑、ぐるぐるしてますね。

f:id:saorin_fotori:20180123160659j:plain

ちなみに同じ構図で、もう少し絞りを上げるとぐるぐるが少なくなります。

f:id:saorin_fotori:20180123160708j:plain

毎回このレンズだとさすがにちょっと飽きてしまうのですが、この作例を撮ったときみたいに太陽の光がきらきらしている時を狙ってみると、ヘリオスのよさが最大限に発揮できます。

f:id:saorin_fotori:20180123160715j:plain

ね、↑と同じ構図で今度は絞り開放に。ぐっるぐるです。
このときはヘリオスで初めて撮った日で、おもしろくて何枚も撮っていました。
そう、フィルムカメラだとそんなに枚数撮れないんですが、デジタルなら同じ構図で絞りを変えて試し撮りがばんばんできます。

f:id:saorin_fotori:20180123160722j:plain

f:id:saorin_fotori:20180123160728j:plain

光がたくさんあふれている時が効果的!

f:id:saorin_fotori:20180123160736j:plain

フォクトレンダー Voigtlander
VM-E Close Focus Adapter クローズフォーカスアダプター

最後に。レンズではなく、クローズフォーカスアダプターの紹介です。
これ、レンズ並みにお高い(30,000円くらいしたような)のですが買って大正解のシロモノ!

クローズフォーカスアダプターって・・・?という方に少し説明すると。
私が今使っているレンズは、最短撮影距離が0.7mでして、要するに70cm以上被写体に近づくことができません。70cmって結構ありますよね。風景ならそれでよいのですが、例えば今日のランチとか、素敵な雑貨とか、そういうものにぐっと寄って撮ることができないんですね。

今まで使っていたフィルムカメラもそうでした。でも、その時はクローズアップフィルターを付けて撮影していました。
レンズにかぶせて付ける虫メガネレンズみたいなものです。それを付ければ、より近く寄って撮ることができました。

でも、まあいつもいつも寄って撮りたいわけではないので、普段は外していて、寄るときだけフィルターを付けていたのですが、割と面倒でした。

しかし!このクローズフォーカスアダプター。レンズより本体手前側にまずつけるものなので、つけっぱなしでいけるんです。30cmくらいまで寄れるのでとても便利。
しかも、撮影距離の調整ができるので、レンズの距離と組み合わせて自由に寄ることができます。

このアダプターを付けて、寄って撮った作例がこちら。

f:id:saorin_fotori:20180123160742j:plain

f:id:saorin_fotori:20180123160749j:plain

f:id:saorin_fotori:20180123160755j:plain

ほとんどがアウトドアごはんでしたが(笑)
少しお高いのですが、でも買って大正解でした!

というわけで、ミラーレス一眼+オールドレンズについて割と熱く語ってみました。
今年も写真、いっぱい撮りたいです!

 

 

 

明日もがんばろう

f:id:saorin_fotori:20180206170843j:image

明日もがんばろう、と思える夕日。

 

 

サバサンド、美味しいです

f:id:saorin_fotori:20180205223457j:image

土日のごはん担当は旦那さん。

昨日はトルコのB級グルメ、サバサンド。美味!

最近、仕事が忙しくてストレスてんこもり。早くゆっくりしたいなあ…