畔室長裏日誌

某写真系アトリエギャラリーを主宰しているsaorinです。乳がんを宣告されたのをきっかけに、個人的な日記が書きたくなって立ち上げました。主に乳がんの闘病日記と毎日のごはん簿をUPしていましたが、治療が落ち着いた今は登山・キャンプ・旅など趣味についても書いています。

葛西臨海公園でBBQ

f:id:saorin_fotori:20181014132540j:image

1日ぽっかり予定が空いた日。
家の近くの葛西臨海公園に来てみました。
ちょうど1年くらい前、アビを連れてこの葛西臨海公園の西なぎさでミニBBQをしたんです。

saorin-fotori.hatenablog.com

その時も書いてますが、葛西臨海公園には予約不要で自由にBBQできる西なぎさエリアがあります。橋を渡って右手にあります。
ちなみにきっちり予約が必要なBBQエリアもありますが、全く別の管理です。


f:id:saorin_fotori:20181014132527j:image

↑写真に写ってるこのアウトドアワゴンを買ったので、駐車場から離れていても荷物を楽々運べる!
いつも思うのですがなぜこのコールマンのこのアイテム、色が赤しかないのだろう。

f:id:saorin_fotori:20181014132531j:image

去年来た時はミニ七輪を使ったミニBBQでしたが、今回はいつもの炭火焼!

f:id:saorin_fotori:20181014132543j:image

秋刀魚も焼きました。やっぱり美味しいですね!

f:id:saorin_fotori:20181014132525j:image

アルミ鍋で焼きそばも。

f:id:saorin_fotori:20181014132536j:image

早々に撤収。

f:id:saorin_fotori:20181014132519j:image
f:id:saorin_fotori:20181014132554j:image

海、和みますね。

f:id:saorin_fotori:20181014132548j:image

管理事務所の前で寝ていた猫。

f:id:saorin_fotori:20181014132522j:image

行きも帰りも同じ場所でくつろいでました。
ここに住んでるのかな。

ちなみに、この猫の後ろの建物が西なぎさの管理事務所です。
BBQをしたい人はここの係の人に一声かける必要があります。
ゴミは捨てられないし(炭も)洗い物は一切できないので、不便なところはありますが、何より予約がいらないのとおそらくスペース的にいっぱいになることはないので、思いついたらBBQできるのがよいですね。

f:id:saorin_fotori:20171127134800j:plain

去年11月にミニBBQした時はアビもいました。

f:id:saorin_fotori:20171127134842j:plain

風で顔が砂だらけになってしまったアビ。
ふふふ、かわいいね。

寒くなってしまう前に、今週末もオートキャンプに行く予定です。

 

 

 

アビ、紐で遊ぶ

f:id:saorin_fotori:20181015133224j:image

先日ちょっと不思議なことが。
アビが入っているカプセルは、普段ポシェットの紐にカラビナでぶら下げているのですが、先日帰って普通に床に置いておいたポシェットの紐が、勝手にアビカプセルに絡んでいました😳
ただ置いただけなのになぜこんなことに😳
アビが遊んでたのか、紐から脱出しようとしたのか😅

実は、この前日にもホトリで和綴じの写真集を制作していたら、綴じ糸がアビカプセルにぐるんぐるんに絡まったんです。しかも二回も。

アビが糸で遊んでたのかも、と思ったらなんか和みました。
ぴろぴろした紐とか糸とか好きだったよね。

f:id:saorin_fotori:20181015133310j:image

アビ、遊んでたのかな?

 

 

旅と山の写真案内サイト「畔の窓」でコラムを書いています

f:id:saorin_fotori:20181015134406j:plain

写真を撮るのにおすすめのスポットを、物語をつけてコラムにしている旅と山の写真案内サイト「畔(ほとり)の窓」
私が編集長をつとめています。
ていうか私が一人で趣味でやっているサイトです。(笑)

つい先日訪れた北八ヶ岳とアビのことを綴ったコラムを更新しました。
お時間ある時に、のぞいてみてくださいね。

 

呼ばれる山/白駒池・にゅう/北八ヶ岳

 

アビと一緒に、北八ヶ岳の森へ

f:id:saorin_fotori:20181010093153j:image

アビが小さくなってしまった翌日の昨日。
北八ヶ岳の白駒池を訪れました。
白駒池はちょうど紅葉が見ごろで、登山客でなく一般の観光客もたくさん。
平日だから大丈夫だろうと油断していましたが、タッチの差で有料駐車場も満車に。危なかった・・・。

f:id:saorin_fotori:20181010093144j:image

今回は高い山にがつがつ登るのではなくて、アビと一緒にゆったり森を歩きたいなあと思い・・・
日帰りで行ける山は候補がいくつかあったのですが、当初の予定を覆し、北八ヶ岳を選びました。
私は八ヶ岳の森がとても好きです。

f:id:saorin_fotori:20181010093148j:image

北八ヶ岳のピークの一つ、「にゅう」登頂。
「にゅう」って不思議な響きですよね。
山頂からはさっき歩いてきた白駒池が見えました。
この同じコースを6月に歩いているんですが、やはり初夏と秋とは印象が違いました。
前は緑であふれていたけど、今回は色とりどり。
もうすぐ冬を迎える直前の美しさでした。

f:id:saorin_fotori:20181010103434j:image

山ごはんは安定の鉄板飯、ラーメン。

f:id:saorin_fotori:20181010093140j:image

一緒に登ったSさんが林檎を持ってきてくれた!

f:id:saorin_fotori:20181010093136j:image

美味しかった。ありがとう。

f:id:saorin_fotori:20181010093133j:image

硫黄岳の方面がガスってきてかっこいいです。
f:id:saorin_fotori:20181010093151j:image

中判フィルムカメラで写真を撮ろうとするSさん。

f:id:saorin_fotori:20181010093130j:image

撮っちゃうよね

f:id:saorin_fotori:20181010093157j:image

アビのお骨の大部分は家(と、一部庭)に置いてあるのですが、爪と牙をこのカプセルに入れてもらったので、これからはいつでも一緒。また登ろうね。

+++++++++++++++

アビが旅立って5日。
生活のすべてにアビが組み込まれていたので、一つ一つ行動するたびにアビを思い出して涙してしまいます。

洗濯機の終わった音がピーピーするとベランダに出れる!と猛ダッシュで窓に駆け寄ったアビ。
料理をしている私を定位置でいつもじっと見つめていたアビ。
食事をしている私たちの足元で、カーペットを自分で折り曲げて枕にして寝ていたアビ。
「寝るよー!」と掛け声をかけると一目散にベッドに向かったアビ。
「お散歩行くよー!」とリードを見せても、いまいち乗り気でない感じでしぶしぶ玄関に向かうアビ。(実は、お庭とベランダ遊びの方が好きで散歩はそうでもなかった)
そのくせ、散歩のラスト、家までの長い道はなぜかラストスパートで走っていたアビ。
本当に甘えん坊で、トイレに入るとその外で待っていたアビ。
庭で遊ぶおもちゃは次々と飽きて、新しいのじゃないと見向きもせず放置していたアビ。
ベッドの布団遊びが大好きで、シーツを敷いていると必ず邪魔をして転がって遊んでいたアビ。
私たちが食事を始めると嫌がらせのように必ず決まってトイレをしていたアビ。
冬になって寒くなると、布団の中に潜り込んできていたアビ。
週末、旦那さんが昼寝をしているとその上で必ず一緒になって寝ていたアビ。 
他にもまだまだたくさん。

15年近くもずっと一緒だったから、いつもそばにいるのが当たり前すぎて、アビがいない毎日がまだよくわかりません。
これから冬になると、あったかかったアビが本当に恋しくなりそうです。
アビに会いたいです。

f:id:saorin_fotori:20181010111005j:image

でも、山に登っている間、山頂でぼーっと景色を眺めている間は、少し気持ちが落ち着きました。
私が乳がんになり、そのあと体力が戻ってから登った山が元気をくれたように、アビと一緒に山に登ることで、また山からパワーとエールをもらえたらいいなと思います。

 

 

 

 

紅葉真っ盛りの月山に弾丸日帰り登山!錦繍の美しさに感動

f:id:saorin_fotori:20180927104700j:plain

紅葉真っ盛りの月山に弾丸日帰り登山!錦繍の美しさに感動

昨日は関東地方が20時以降JRが全線運休になるなど、台風の影響がすごかったですが皆さま大丈夫でしたでしょうか?
車で尾瀬に出かけていたのですが、夜になっても雨風がなくて大したことないんじゃない?と一緒に行ったメンバーと話していたのですが、夜半過ぎはやはりすごかったですね。。。

さて、ちょっと振り返り日記。また山の話で恐縮ですが(笑)

東北の憧れの山、月山。
先日(9/26)弾丸で登ってきました!
往復900kmって日帰りの距離じゃないけど😓 でも天気予報がまさかの好転。
今日を逃したら紅葉は見られない!!と運転がんばったおかげで最高の景色でしたー😭
全俺が泣いた😭😭😭
こんな景色を見られて幸せでした。

それにしてもさすがに東京-山形は遠かった・・・
自宅を3時過ぎに出発したのに、なんやかんやで姥沢登山口駐車場に着いたのは9時過ぎ。
山形は何気に初上陸だったのに、トンボ返りでちょっともったいなかったかも。

東北の山は、なんというかたおやかで優しい、素朴な感じですね。
北アルプスとはまた違う感じでした。

f:id:saorin_fotori:20180927104611j:plain

日帰りで時間もないのでリフトを行きも帰りも使用。 最初からテンション上がる!

f:id:saorin_fotori:20180927104616j:plain

うおーきれい

f:id:saorin_fotori:20180927104620j:plain

リフト上の駅に到着。 月山の看板がお出迎え。

f:id:saorin_fotori:20180927104623j:plain

この辺は普通の格好をした人が結構いました。 登山靴なくてもこの辺は歩けますね。

f:id:saorin_fotori:20180927104632j:plain

お地蔵さんがいました。

f:id:saorin_fotori:20180927104635j:plain

木道の階段をわんこが一生懸命登ってる

f:id:saorin_fotori:20180927104639j:plain

すごい壮大

f:id:saorin_fotori:20180927104642j:plain

f:id:saorin_fotori:20180927104650j:plain

うおおお

f:id:saorin_fotori:20180927104653j:plain

めちゃきれい!

f:id:saorin_fotori:20180927104656j:plain

まずは姥が岳登頂。 ここから牛首を経て月山山頂を目指します。

f:id:saorin_fotori:20180927104700j:plain

尾根道、すてき

f:id:saorin_fotori:20180927104705j:plain

f:id:saorin_fotori:20180927104716j:plain

年配のご一行様がいました

f:id:saorin_fotori:20180927104720j:plain

やばい、興奮

f:id:saorin_fotori:20180927104724j:plain

下の方はガスってたけど、それもまた幻想的

f:id:saorin_fotori:20180927104735j:plain

あとは、ガスが晴れてくれたら・・・

f:id:saorin_fotori:20180927104738j:plain

と思ったら、お?!

f:id:saorin_fotori:20180927104741j:plain

おおお??!!

f:id:saorin_fotori:20180927104751j:plain

晴れた!!晴れた!!☀ 白馬岳に続く奇跡!

f:id:saorin_fotori:20180927104804j:plain

あの稜線を歩いてきました。 月山は2,000mに満たない山だけど、結構アルペンムード満載でした。

f:id:saorin_fotori:20180927104808j:plain

山頂付近はこんな感じ

f:id:saorin_fotori:20180927104812j:plain

鍛冶の神様が祀ってありました

f:id:saorin_fotori:20180927104816j:plain

なんて書いてあるかよくわからん

f:id:saorin_fotori:20180927104527j:plain

山頂にある神社。

f:id:saorin_fotori:20180927104530j:plain

鳥居をくぐって中には入れるけど、お堂は閉まっていました。

f:id:saorin_fotori:20180927104534j:plain

この荒涼とした景色。。。うっとり。。。

f:id:saorin_fotori:20180927104538j:plain

神様にごあいさつしておきました。

f:id:saorin_fotori:20180927104542j:plain

自撮りするカップ

f:id:saorin_fotori:20180927104546j:plain

東北の山は、なんというかたおやかで優しい、素朴な感じですね。 北アルプスとはまた違う感じでした。

f:id:saorin_fotori:20180927104551j:plain

残念ながら鳥海山は雲の中

f:id:saorin_fotori:20180927104554j:plain

さて、下山します! 来た道をたどると、既にガスガス。 さっき私が登頂した時だけ青空が見れた奇跡。

f:id:saorin_fotori:20180927104600j:plain

登りは姥が岳経由でしたが、帰りは周回コースにしました。 このだだっ広い景色もまたすてき。

f:id:saorin_fotori:20180927104604j:plain

本当にすごい

f:id:saorin_fotori:20180927104607j:plain

また来るね、月山!

 

 

2018年9月 八方尾根からの五龍岳でソロアルプスデビュー!紅葉の遠見尾根は長いけど変化に富んだ尾根道で歩くのが楽しい!

f:id:saorin_fotori:20180924151949j:plain

何気にソロの北アルプスは初でした

急きょ1泊2日で山にソロで行けることになり、、、さあどこにしよう?
行ける2日間は、全国的に☀マークだ!
東北の山に登っちゃう?とか、妙高・火打にテン泊で行っちゃう?とか色々考えましたが、選んだのは北アルプス五龍岳。

・登ったことがない
・八方池の絶景を青空で見てみたい
・じゃあ、八方尾根からの唐松岳かなー?
→お!五龍岳に縦走できるじゃないか!

と、YAMAPの五龍岳の活動日記を見てみたら、ちょっと色づいてきていてよさそう!
というわけでこのルートを選んでしまったのですが・・・
私は何で五龍岳を選んじゃったのだ?と登りながら何度も思いました😓

f:id:saorin_fotori:20180924152050j:plain

初日は、地元のタクシーの運ちゃんも「年に数回しかない!」くらい山がくっきりだったようです😊 わーラッキー
有名な八方池もまんまパンフレットみたいな写真が撮れましたよ!

f:id:saorin_fotori:20180924152133j:plain

ザックを変えたせいでサングラスを忘れたのがこの日の致命的なミス(笑)

f:id:saorin_fotori:20180924152126j:plain

山ガールをモデルに撮らせてもらいましたよ

f:id:saorin_fotori:20180924152129j:plain

唐松岳
ゴンドラで1800mくらいまで登ってこれるので、北アルプスの中でも初心者向けの優しい山。
今回はこの後の行程が厳しいので、体力温存のため唐松岳ピークは踏まず。

f:id:saorin_fotori:20180924152320j:plain

f:id:saorin_fotori:20180924152325j:plain

f:id:saorin_fotori:20180924152329j:plain

f:id:saorin_fotori:20180924152414j:plain

八方尾根から、牛首を経て五竜山荘をめざします。
この唐松岳から五龍までの縦走路が、鎖場と岩場の連続で疲れた😓

f:id:saorin_fotori:20180924152514j:plain

f:id:saorin_fotori:20180924152518j:plain

ハイマツの中から雷鳥さんがこんにちは

f:id:saorin_fotori:20180924152552j:plain

無事、五竜山荘到着。1日目の行程はここまで。

f:id:saorin_fotori:20180924152643j:plain

期待してなかったら空が焼けた

f:id:saorin_fotori:20180924152646j:plain

おはようございます!
本日の天気予報は、昼くらいから崩れて雨マーク。 というわけで、さっさと登頂してさっさと下山します!

自分の足ではどれくらいかかるかなー?と不安でしたが、休憩と写真撮影時間込みで、2時間ちょいでした。

f:id:saorin_fotori:20180924152802j:plain

五竜山荘がだいぶ小さくなりました

f:id:saorin_fotori:20180924152807j:plain

え、ここ鎖もなし?ってところがいくつか

f:id:saorin_fotori:20180924152811j:plain

ふいーやっと到着ー! 昨日ほどの青空ではないけど、剣やら白馬三山やら鹿島槍やら、アルプスのオールスターズがぐるりと見渡せる大展望の山頂でした! 見られてよかったです~

f:id:saorin_fotori:20180924152928j:plain

最初は八方尾根からでしたが、2日目五龍岳にアタックした後の、下った遠見尾根がなんかよかったなあ。名前の通り遠くに八ヶ岳とか南アルプスが見えてなかなかかっこいい尾根でした。
鹿島槍ヶ岳を見ながらの変化に富んだ道でおもしろかったです。長いけど。
7月末に白馬岳に登ってましたが、さすがに2ヶ月経って大分秋めいてました。

f:id:saorin_fotori:20180924152932j:plain

鎖場あると思ってなくて油断したけどね

f:id:saorin_fotori:20180924152937j:plain

五竜山荘があんなに小さくなりました

f:id:saorin_fotori:20180924153057j:plain

こんな感じで鹿島槍を間近で見ながら歩きます。歩くのが楽しかった。

f:id:saorin_fotori:20180924152941j:plain

八方尾根はザ・稜線歩きって感じでしたが、遠見尾根は草木がたくさん生えていて、上の方はだいぶ紅葉していてとてもきれいでした。

考えてみると私、ソロのアルプスは初でした。
今度はどこに行こうかなー?