読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畔室長裏日誌

某写真系アトリエギャラリーを主宰しているsaorinです。乳がんを宣告されたのをきっかけに、個人的な日記が書きたくなって立ち上げました。主に乳がんの闘病日記と毎日のごはん簿をUPしていましたが、治療が落ち着いた今は登山・キャンプ・旅など趣味についても書いています。

東京・蔵前にある「珈琲とチョコレート 蕪木」へ行ってきた話

おいしいもの おすすめのお店

f:id:saorin_fotori:20170314134054j:plain

ホトリから歩いて5分のところにある

今日はホワイトデーですね。(私自身は、すっかり忘れておりましたが・・・(笑))
ホワイトデーにちなんで、昨年11月にオープンした、私が運営するアトリエギャラリー・写真企画室ホトリご近所の素敵なお店「珈琲とチョコレート 蕪木」をご紹介します。
こちらのお店の店主、蕪木さんはホトリで「シネマ喫茶」というイベントを開催してくれました。(以下のページの下部をご覧ください)

fotori.net

シネマ喫茶を開催したのが2013年の10月なので、3年を経てお店がオープン。
歩いて5分の距離なのでとてもうれしいです!

f:id:saorin_fotori:20170314134056j:plain

もとSyuRoさんの建物を利用したお店の中は、沈黙が似合う、とても静かな大人の雰囲気です。
私もこのカウンター席に座りましたが、一人で来ても読書を楽しめそう。
目の前でお湯を沸かし、豆を挽き、お湯を注ぐ・・・蕪木さんのコーヒーを淹れる一つ一つの動作に、つい見入ってしまいます。

f:id:saorin_fotori:20170314134057j:plain

確か、ブレンド「オリザ」を注文。
ホトリでも珈琲飲んでるけど・・・天と地ほどの違い(当たり前か)

f:id:saorin_fotori:20170314134059j:plain

週末で完売必至のチョコレート、お試しあれ

蕪木さんがカカオ豆の選定から仕入れ、焙煎、製造までの全てを手掛けているというチョコレートも、珈琲の茶うけとしていただきました。
注文した珈琲と相性が合うチョコを選んでくれるとのことでお任せしたら、今までに食べたことがない味!
何というか、カカオの香りが鼻孔をくすぐる・・・「果香」という名前の通り、とてもセクシーでフルーティーな味わいです。
これは・・・珈琲と一緒にいただくのもよいけれど、赤ワインに合いそうだ・・・

f:id:saorin_fotori:20170314134101j:plain

というわけで、2月のバレンタインデーのチョコレートをオーダーいたしました。
こんな素敵なBOXに入っています。いちいちおしゃれです。

f:id:saorin_fotori:20170314134103j:plain

ビターチョコレートとありますが、本当に大人のためのチョコレートという感じ。

入っていたカードには、

鮮やかな酸味と果実のような香り。
ラズベリーやプラムを思わせる華やかさ。
明るく、女性的で綺麗な味わい。
カカオ70% マダガスカル産カカオ使用

とありました。

f:id:saorin_fotori:20170314134105j:plain

中を開けてもおしゃれなのでいちいち写真に撮っておく。

f:id:saorin_fotori:20170314134106j:plain

チョコレート自体はとてもシンプルな形。
普段そんなにお菓子を消費しないのですが、このチョコレートは赤ワインと相性が良すぎ、あっという間になくなりました(笑)

ホトリから徒歩5分ですので、ぜひホトリに来た際には寄ってみてくださいね。

写真企画室ホトリのサイトはこちら


蕪木
東京都台東区鳥越1-15-7
03-5809-3918
[月・火・木] 13:00~20:00 [金] 13:00~22:00 [土・日・祝] 11:00~22:00
日曜営業
定休日:水曜日
ランチ営業、日曜営業
http://kabukiyusuke.com/