読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畔室長裏日誌

某写真系アトリエギャラリーを主宰しているsaorinです。乳がんを宣告されたのをきっかけに、個人的な日記が書きたくなって立ち上げました。主に乳がんの闘病日記と毎日のごはん簿をUPしていましたが、治療が落ち着いた今は登山・キャンプ・旅など趣味についても書いています。

ベトナム旅行記 その1

f:id:saorin_fotori:20151202103312j:plain

思い立ってベトナム

MRIやらCTやら、はあーもうへとへとですよ、の検査の嵐の翌日、ベトナムに向けて出発!
というのも、ベトナムハノイに友人が住んでいるので行きたいなーと思いつつ、海外となるとなかなかふんぎりがつきませんでした。
でも今回病気かもしれないタイミングで、一時帰国でその友人と東京でごはんを食べることができ、やはりベトナム行きたい熱が再燃。
私、行ってやるもんね!と航空券と残存期間が危うかったパスポートを手配したのでありました。

私にとっては、色んな意味でタイミングが合わないとなかなか行けないのが海外。
病が後押しするのもなんか変な感じですが、今回はまさに乳がんがわかったから行ったようなものです。
他の臓器に転移しているかどうかは旅が終わってから判明するので、もう後は野となれ山となれ~みたいな感じでの旅支度でした。

ベトナム旅行記、フィルム写真とiPhone写真が織り交ざっていて、かなり写真もりもりで長いですが、お暇な方どうぞ。
長すぎるので2つに分けてます。

f:id:saorin_fotori:20151202103326j:plain

ベトナムエアラインの直行便で行きました。
行きの便から、富士山が見えたので思わずぱちり。

f:id:saorin_fotori:20151202103330j:plain

今回、ベトナムにしては割と長めの6泊8日という日程で組んでいました。
行き先とか、ほぼ友人が調べてくれました。ハノイのおうちにも泊めてもらい、本当に感謝。
おもしろかったのが、前半は↑の写真でおわかりのように、ベトナムのハワイと呼ばれるリゾート地、ダナンでザ・バカンス。
気温30度。夏です。
ダナンへは、ハノイから飛行機で1時間半弱。あっという間に到着です。
そうかと思えば、後半は山岳部族が住む町でダウンベスト着てたから、なんか1回の旅行でベトナムを思いきり満喫できました。

f:id:saorin_fotori:20151202103338j:plain

屋上にこんなすてきなプールバーがあるリゾートホテルに泊まりましたが、1泊の一人あたりの値段が安い。
お手頃価格でリッチな気分に浸りたい方は、ダナン、おすすめです。

f:id:saorin_fotori:20151202103348j:plain

ホテルから送迎バスで1時間ほどのところにある、古都ホイアンにも行きました。
昼間もすてきだったけど、夜はこんな感じであちこちに提灯に火がともって幻想的な街でした。

f:id:saorin_fotori:20151202103400j:plain

ホテルの屋上プールバーで、月見酒もしましたよ。いやーいい夜だったな。

f:id:saorin_fotori:20151202103408j:plain

と、リゾートを満喫した後は、ハノイ駅から夜行列車に乗って、北の地へ。
「GA」はベトナム語で「駅」という意味だそう。

f:id:saorin_fotori:20151202103417j:plain

かなりぎりぎりに到着。急げ!
写真は撮らなかったけど、寝台特急の部屋は4人相部屋。
もう2人が男だったらいやだなーと思ったけど、行きは割と若いスペイン人カップル、帰りは年配のフランス人夫婦で、よかったよかった。


f:id:saorin_fotori:20151202103423j:plain

写真をはしょりましたが、夜行列車は中国との国境に近い、ラオカイという駅に到着。
その後、ラオカイからバスで1時間山道を揺られ(かなりすごい揺れだった)、バックハーという街に到着!
このバックハーでは、毎週日曜だけ市場が開かれていて、地元の人達と観光客とで賑わいます。
この辺は山岳部族が住むエリアなので、そこら中民族衣装を着た人たちでごった返していました。
いやーたまたま到着日が日曜に当たっていてラッキー。

f:id:saorin_fotori:20151202103430j:plain

みんな、思い思いの物を(適当に)売りながらおしゃべり。

f:id:saorin_fotori:20151202103438j:plain

部族ごとに衣装が異なるのですが、特にこの「花モン族」の衣装、ピンクが基調になっていてかわいかった。

f:id:saorin_fotori:20151202103450j:plain

こんな感じで、似たようなお土産物のお店が延々と並んでいます。

f:id:saorin_fotori:20151202103501j:plain

着いたのは朝だったので、朝ごはん中の人達もたくさんいました。
活気がすごい!

f:id:saorin_fotori:20151202103517j:plain

f:id:saorin_fotori:20151202103527j:plain

私たちも、地元の人達に交じってごはんを食べることにしました。

f:id:saorin_fotori:20151202104335j:plain

食べたのは、切り落としの豚肉と野菜がたっぷり入ったフォー(多分)
↑の写真に写っている周りの地元の人たちが、身振り手振りで食べ方を教えてくれ、私たちが食べてみたらすごくうれしそうににこにこしていました。

f:id:saorin_fotori:20151202103536j:plain

それにしても、ベトナムはカオスです。
朝ごはん食べてたら、なんか近くからけたたましい鳴き声がするな・・・と思ってよくよく見ると、おそらく買ったばかりのほやほやニワトリを足で押さえながら食事してるおじさんがいた。

f:id:saorin_fotori:20151202103544j:plain

思いきり外で散髪してる人たちがいた。

f:id:saorin_fotori:20151202103555j:plain

いやーんかわいい!子犬だらけ!!と目をハートにしながら写真を撮っていましたが・・・
この子犬たち、実は食用のために売られているのだそう。ヒイイイーー

f:id:saorin_fotori:20151202103609j:plain

なんか、一見あどけない女の子が子犬を初めて連れて戸惑ってるみたいな感じにも見えますが、この子犬は食用。
この後、実際に子犬を買って持ち帰ってるおじさんを目撃。
扱い方はまさに鶏のようだった。。。

 

f:id:saorin_fotori:20151202103620j:plain

高台の上に登ってみると、水牛だらけ!臭いがきつい!
ここは、日曜市で開催される水牛マーケットです。
水牛って、あのモッツァレラチーズの水牛ですよね。
日本円にして、1頭2~3万円くらいで買えるらしいです。安い。買えるじゃん。

f:id:saorin_fotori:20151202103630j:plain

柵なしでその辺をうろうろしている水牛たち。
この後、私は水牛の落し物を見事に踏んづけました。
皆さんもここを見学する時は気を付けましょう。

f:id:saorin_fotori:20151202103654j:plain

民族衣装を着た、あどけない少女たち。
欧米人のおじさんが、写真を撮って見せてあげていました。
こういう時、ポラとかチェキだとそのままプレゼントできていいですね。

いやーバックハー日曜市、めっちゃ楽しかった!
ベトナム旅行中で一番シャッターを切る回数が多かったのがこの日曜市でした。

そしてこの日、ラオカイへバスで戻り、さらにそこからバスで1時間ほどのところにある街、サパへ。
バックハーも寒かったけど、サパはもっと寒かった!標高が既に1000Mを超えているそうで、最高気温12度。
ダナンとの気温差がすごい。。。

「日本で言うと沖縄と北海道に連続して行くようなもの」と友人に教えられ、なるほど納得。

ベトナム旅行記 その2へ続く。