読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畔室長裏日誌

某写真系アトリエギャラリーを主宰しているsaorinです。乳がんを宣告されたのをきっかけに、個人的な日記が書きたくなって立ち上げました。主に乳がんの闘病日記と毎日のごはん簿をUPしていましたが、治療が落ち着いた今は登山・キャンプ・旅など趣味についても書いています。

日々のことを綴っていく楽しみ

ホトリを借りて丸5年が経ちました 一昨日、ホトリ近くの公園で1人花見むすび。 ホトリを借りて丸5年。桜の季節は、ホトリをオープンしようとがむしゃらだった自分を思い出させてくれます。って毎年書いてるけど。 去年の日記を見たら、同じことを3月31日に書…

1年検診、何事もなく終了

ブログに書くのを忘れていましたが、昨年のクリスマス前は1年検診でした。左胸の全摘出手術から1年。逆の右胸に転移がないか、超音波とマンモグラフィ検査を受けました。昨年マンモを受けた時は初めてだったこともあり、すごく痛かった印象があるのですが、…

死を受け入れるということ

旦那さんのおじいさんが亡くなり、急遽帰省してきました。 享年92歳。大往生ですね。 喪主である義父が挨拶で、「最近の故人の口癖は、『長生きしすぎた』でした」と言っていたのが、刺さりました。 もう充分生きた、と人生を存分に楽しんだ人の口からしか聞…

とてもうれしかったこと

昨日、ギャラリーに来てくれた方からとてもうれしい言葉をいただきました。「saorinさんの今年の夏の個展を見て、何気ない日常写真を美しく撮れるのも、生きる喜びにつながるんだと思って、治療を受けることにしました」その方も、私と同じ乳がん。しこりに…

乳がんになってからちょうど1年が経ちました/少しでも気になるなら検査を

10月1日は、乳がん記念日でした!(記念日というのも変だけど)ちょうど1年前の10月1日、乳腺外科の先生から乳がんを宣告されました。まだ1年、もう1年。うーん、不思議な気持ちです。1年は1年で他の年と同じ日数ではありますが、私にとってのこの1年は、人…

がん患者にドヤ顔で食事の助言をするのは善意という名の宗教行為だ

もし、あなたの周りにがん患者がいて、その人に「白米や砂糖を取るな」「獣肉はがんによくない」などと助言をしているとしたら、それは100%、即刻やめた方がよいです。あなたが心からその人のことを思い、よかれと思っていても、です。家族でも、友人でも、…

誰も、他人の気持ちはわからない

初めて体に障害を持つ人の気持ちがちょっとだけわかった 先月、写真部夏合宿で行った熱海の宿の大浴場で、私はほぼ初めて左胸をさらしました。そこで、隣の洗い場を使っていた若い女子と鏡越しに目が合い、彼女からの視線をちらちらと感じ、さらには翌朝の朝…

小林麻央さんのブログ開設に思うこと

乳がんで闘病中の小林麻央さんが、新しいブログ「KOKORO」を開設しましたね。 ameblo.jp 癌患者であることを公表することはとても勇気がいることですが、自分の言葉で思いを綴るというのは世間の人々に安心感を与える気がします。病気だけどちゃんと日記書け…

乳がんをテーマにした写真展を見た話

表現という自由な世界 先日たまたま見た写真展に、ちょっとした衝撃を受けました。現在、銀座のソニーギャラリーで開催中の馬場さおり氏による「The View Through My Blood」です。

自分を柔軟に変化させられる者が人生を制す

-こんな場所は嫌だ、どこか別のところに行って環境が変われば、今よりはもっと状況はよくなるはずだーそのように言っている人の言葉を私は実際に聞いたことがありますが、自分自身が変わろうとしなければ、どこに行ったって同じです。職場から自宅まで往復4…

桜の季節は、初心の自分を思い出させてくれる

桜の季節は初心に返してくれる 自分のギャラリー日誌でも書いていますが、物件を借りてから丸4年が経ちました。もう4年なのか・・・本当に早いです。毎年この季節になると、これから改装がんばるぞ!というひたすら暑苦しくてひたむきな自分を昨日のことのよ…

ありがとう

夫よ、ありがとう 3月21日は、12回目の結婚記念日でした。前日の夜は、少し奮発してお気に入りの恵比寿のフレンチレストラン、月夕堂へ。ここは毎回、シェフの廣瀬氏による食のおもてなしを楽しめます。春の食材がたくさん使われていて、美味しかった!毎年…

その感情に浸ることから卒業しよう

ふと気づくと、自宅のリビングにいる観葉植物から新芽が出ていました。地味に少しずつ葉が落ちていたので心配していたのですが・・・春が近づいてきたんですね。季節に寄り添って生きている植物に、改めて感動しました。最近の私は、、、2月は本当に忙しくて…

遺伝性乳がんについて考える

私の乳がんは遺伝か 最近、母上から色々な貢物が届いています。ちょっと笑ったのが、ブロッコリースプラウト(生の野菜)が2パックと、菜の花が1パック、レターパックで届いたこと。ブロッコリースプラウトに含まれているスルフォラファンとかいう成分に、抗…

忘れることは、人だけの特技だけど

抗がん剤治療が始まる前に、自分の大好きな人たちと過ごす時間を最近増やすようにしたら、単純な自分はそれだけで元気です。たくさん食べてたくさん酒を飲んでます。牡蠣も食べてます\(´∀`)/左胸に乳首がないのは多分目の錯覚にちがいない。つらいこと、痛…

人の致死率は100%だから、今を生きる

"Carpe diem."は"今を生きる"の意のラテン語格言だそうです 人の致死率は100%である 「人は必ず死ぬ」今生きている人は皆、頭ではわかっている事実でしょう。けれども、自分が死ぬことは遠い未来の話であり、今すぐ死を実感できない人が大半だと思います。…

やらなかったことを後悔したくない

写真は、かれこれ10年以上前に行った八ヶ岳のリゾナーレ。果敢にも手持ちフィルムカメラで撮ったのでぶれぶれですが・・・クリスマスシーズンは人気が少なかったけど、イルミネーションがきれいでした。今は星野リゾートになってるんだ、またいつか行きたい …

私の乳がんタイプと経過報告

こんにちは。saorinです。私の乳がんタイプと、治療の経過報告についてここにまとめておきます。治療が進んだら追記します。

がんの原因、がんの予防は考えすぎない

ベッドに服をほいほい置いていたら、その上にいそいそ乗ってきて、しかもそのまま服の山の上で寝てたアビ こんばんは。今日はクローゼットの断捨離を決行してへとへとのsaorinです。さあやったるで!と始めたら、ゴミ袋が1枚しかなくて出鼻をくじかれました…